• 文字の大きさ

安全・環境・地域 保安・防災

安全・環境・地域

私たちはエネルギー産業の一翼を担う会社として、
社訓の理念に基づき、
企業の責任や企業倫理を定めた企業行動原則や HSSE基本方針等を制定し、
コンプライアンスを重視すると共に、
自由闊達な企業風土を醸成し、企業価値を高め、
社会的に尊敬される会社作りを目指しています。

保安

山口製油所は、「事故、災害の未然防止は製油所に課せられた社会的責務である。」という理念に基づき、保安に関する法令の遵守は勿論のこと、法の要求以上の自主的保安対策の充実に努めています。

保安管理方針

西部石油(株)山口製油所は、原油を主な原料とし、蒸留・改質・精製等の製造工程を経て、液化石油ガス・ガソリン・灯油・軽油等の石油製品および石油化学原料の生産・供給を行う石油精製事業所である。この事業活動において、保安に関する自主的な活動を促進し、もって公共の安全を確保することを最重要事項の一つとして位置付け、あらゆる面で保安に留意して行動する。

  • 事業活動に伴い保安に影響を与える危険源を認識し事故の予防に努めると共に保安管理システムの継続的改善を図る。
  • 保安関係法令を遵守すると共に当社が同意した業界等の保安関係行動規範および当所が定める保安関係基準を遵守する。
  • 保安管理目標を定め、保安管理計画の推進を図ると共に目標は定期に見直す。
  • 保安意識の高揚と保安活動の推進のため、関連部署すべての就業者に保安管理方針の周知を行うと共に従業員の教育・啓発に努める。
  • 所外の保安管理活動へ積極的に参画し、地域社会との協調連帯に努める。

~ 当山口製油所は、この保安管理方針を社外に公開する ~

当製油所は自ら保安を確保することができると認められ、保安上優れた状態を維持している事業所のみに与えられる「自主保安認定」を取得しています。

高圧ガス保安法 認定保安検査実施者認定 / 認定完成検査実施者認定
労働安全衛生法 ボイラー・第一種圧力容器4年連続運転認定
電気事業法 定期事業者検査システム安全管理審査

第三者による保安力評価

2019年12月に特定非営利活動法人保安力向上センターによる保安力評価を受審しました。
その結果、安全基盤ならびに安全文化について、平均としては石化、石油精製事業所の合格レベルの目安を上回っており、問題ないレベルであると評価されました。
一方で弱点が明らかになった項目もあり、それらについては今後の保安管理活動計画の中で、継続的改善に取組んでまいります。

防災

消防車両(写真差し替え) サイズダウン.JPG
(左から大型化学高所放水車、大型化学消防車、泡原液搬送車、指揮車両)

製油所の無災害・安全操業の確保は、当社の最優先の命題です。そのために製油所では、最新の保安設備および防災資機材を装備しています。組織面では、自営防災組織をはじめ、有事には災害対策本部などを設置する一方、保安教育、緊急時想定訓練や安全パトロールの徹底など、保安管理に万全を期しています。

危機管理

当社では、重大事故や災害に遭遇した場合、事業資産の損害を最小にとどめつつ、中核となる業務や事業の早期復旧と継続を可能とするために、事業継続計画(BCP)を策定しています。巨大地震/津波、新型インフルエンザ等の伝染病、海上油濁などを想定し、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法や手段を整備しています。