環境・防災対策
トップ  > 環境・防災対策  > 保安への取組み

保安への取組み

山口製油所は、「事故,災害の未然防止は製油所に課せられた社会的責務である。」という理念に基づき、保安に関する法令の遵守は勿論のこと、法の要求以上の自主的保安対策の充実に努めています。

石油精製事業所は、高圧ガス保安法、労働安全衛生法、消防法、電気事業法などの法規制により保安を確保することが義務付けられていますが、当製油所は自ら保安を確保することができると認められ、保安上優れた状態を維持している事業所のみに与えられる「自主保安認定」を取得しています。

この「自主保安認定」を有する事業所は、国、県などの行政に代わって自ら保安の確保状況を審査し、必要に応じた対応を図るなど自主的に保安確保を進めます。

当製油所が現在取得している「自主保安認定」は、下記のとおりです。

高圧ガス保安法 認定保安検査実施者認定 / 認定完成検査実施者認定
労働安全衛生法 ボイラー・第一種圧力容器4年連続運転認定
電気事業法 定期事業者検査システム安全管理審査
溶接事業者検査システム安全管理審査

↑ページトップ

サイトマップ 便利リンク集 トップ